2012年04月14日

胎教でアルファベット!?(4)

「やっぱり胎児は天才だ」という本を参考にさせてもらって、アルファベットの胎教の仕方を書いています。これで4回目。
本に興味のある方はこちらへ → やっぱり胎児は天才だ―伸びる伸びないは10カ月で決まる (ノン・ブック)

前回第2段階についてかきましたが、第3段階もほとんど同じです。
文字の数は1日2文字で、それぞれ3単語ずつについてお話します。
2文字×3単語=6単語(1日)になります。
A-Zまで繰り返しをします。
その時に過去に教えた単語と違うものを選んで話します。

こんな難しいことを教えて、お腹の赤ちゃんが覚えられるかしら?と思うかもしれませんが、挨拶と一緒で繰り返しが大事とのことです。

でも、繰り返しますがあくまでお腹の赤ちゃんに愛情をかけるというのが一番の胎教だそうでするんるん




人気ブログランキングへ


↑ランキングに参加しています。
ポチッとクリックして下されば励みになります♪


かわいい「こども英語のススメ」ホームページもぜひご覧ください!かわいい


__________________________________________________
posted by sumomomilk at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 胎教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

胎教でアルファベット!?(3)

この前のつづきです。
第1段階(準備)を終えて、次のステップの第2段階は5~6カ月ごろ。
ここから本格的な実践が始まります。
その一つがアルファベットのフラッシュカード作成と実施。

<作り方>
1.白い画用紙を縦14cm、横15cmくらいに切り、それを52枚用意する。(大文字・小文字 各26枚)
2.アルファベットを1枚に1文字ずつ、カラフルな色で大きく書く。
(この時、もしひらがな等もつくるのなら、日本語と区別するため黒でふちどりすると良いそうです。)

<使い方>
例えば「A」という文字の時は、指で文字をなぞりながら「エィ」と発音し、「Aという文字はとんがり帽子のような形をしているよ。」と少し説明を加え、
その形を連想しながら頭からお腹へとイメージを下していき、Aからはじまる単語を1つ教えます。

それがappleなら、「お母さんが毎朝食べている赤い丸い果物だよ。甘酸っぱくておいしいし体にいいんだよ。」というような感じでしょうか。
どんな単語を選んでも構いませんが、できるだけ親しみやすいものにするといいそうです。

教えるのは1日たった2文字。これならできそうです揺れるハート

フラッシュカード作るのに時間がない!という方は、WordでつくったものをHPにアップしていますので、よければお使い下さいね!
私は、100円均一に売っている8切画用紙(380mm×270mm)を4等分して作ったので、サイズが幅190mm×高さ135mmになっていますが、Wordなので自由にサイズ調整してお使い頂けます。

こども英語のススメHPはこちら→アルファベットカード



人気ブログランキングへ


↑ランキングに参加しています。
ポチッとクリックして下されば励みになります♪


かわいい「こども英語のススメ」ホームページ  ぜひご覧ください!かわいい


__________________________________________________
posted by sumomomilk at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 胎教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

胎教でアルファベット!?(2)

この前の記事の続きです。

では、どのようにアルファベットの胎教を進めていけばいいのでしょうか。
昨日ご紹介した、「やっぱり胎児は天才だ」にかかれてある方法だと、大きく分けて4段階あるそうです。
第1段階は予行演習、第2段階は基礎、第3段階は応用、そして第4段階は仕上げになります。

第1段階は妊娠3~4カ月ごろ。
このころにすることは、実践に入るための心の準備と環境づくりだそうです。

妊娠生活を心を穏やかに過ごせるように身のまわりの整理をしたり、第2段階で使うカードをつくったりする時期です。
胎教は、イメージを赤ちゃんに伝えることが大事なので、それをさまたげてしまうような派手な色調のインテリアは避け、カーテン、壁紙、テーブルクロスなどは淡い色調の物にする方がいいそうです。
私は呼吸法などでリラックスするのを習慣づけるようにしました。

この段階の赤ちゃんへの具体的な働きかけは、絵本を読んだり、音楽を聞かせたり、お話をしたりなので、英語だけでいえば、マザーグースの歌を歌ったり聞かせたり、英語の絵本をよんであげるといいと思います。
そのときに大切なのはただ言葉をきかせるのではなく、お母さんの頭に描いたイメージを赤ちゃんに送るようにすることだそうです。
いわばテレパシーのようなものでしょうかぴかぴか(新しい)

マザーグースの歌について詳しくは→こども英語のススメHP(ホームページ)

次回は第2段階についてです。


人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。
ポチッとクリックして下されば励みになります♪

かわいい「こども英語のススメ」ホームページもぜひご覧ください!


__________________________________________________


posted by sumomomilk at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 胎教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする