2011年01月30日

今後の英語の重要性

このところ、グローバル企業が「社内英語公用化」を打ち出したりで、ビジネス英語への関心がますます高まっていますね。
「社内英語公用化」とはいかなくても、上司や同僚、また取引先に外国籍の人が増え、英語での会話や会議を余儀なくされるようになったり、全社員にTOEIC のスコアが要求されることになったり、という様な体験をされたり、話を聞かれた方も多いと思います。
ビジネスにおいての英語は特別な事ではなく、だんだん「必須」に近付いているのではと思います。

私は子どものころ、
「なんで英語なんて勉強しないといけないの?他の国の人が日本語話してくれたらいいのに!」
と自己チューなことを考えていましたが、そんな考えでは生きていけない時代が来ているように思います。

「私は外国とは関係ない企業だから大丈夫!」
と思っていても、自分の会社や部門が外資系企業に買収されないとも限りません。
メーカーだけでなく、小売業などでもありうるし、買収するのも中国や韓国などのアジア系企業ということも起こりうるのです。

経済がグローバル化していく以上、英語の必要性はますます高まってくるのは間違いないでしょう。

子ども英語とあまり関係のない話の様に思いますが、こういった今後の英語の重要性や目的を考えながら勉強すれば、子どもの学習意欲も高まるのではないでしょうか?

まだ幼稚園児などには難しいでしょうが、小学校も高学年になれば、目的意識をもって学習することは大事だと思います。
また、英語はビジネスパーソンだけのものでもないのです。

例えば・・・・

@旅行
地元の人と直接コミュニケーションできれば、ずっと楽しく充実したものになるでしょう。
その場所の文化もより深く理解できます。
Aインターネット
英語ができればインターネットで海外に友達を作ることもできます。海外から直接ショッピングすることだってできます。
B映画
映画も英語で理解すればより一層楽しめます。ジョークの意味もわかります。

などなど、英語ができるに越したことはない!!!と言い切ってもいいと思います。

そして、英語を習得するには英語が「おべんきょう」になる前の小さいころから触れておいた方が、ずっと楽に頭に入っていきます。
自分自身が社会人になってから勉強して苦労したので、身にしみて感じています。

私の個人的な意見ですが、それに気づいて何か行動に移されている親御さんのお子さん達は、本当にラッキー♪だと思います。

__________________________________________________
posted by sumomomilk at 16:45 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。