2010年07月31日

おもちゃのお金

おもちゃのお金を使っていろんなゲームができます。
お金イラストの無料ダウンロードサイトは沢山ありますが、円はあってもドルで子ども向けのものがなかなかないので作ってみました!

playmoney.jpg

PDFはこちら(プリントをされる場合はこちらをお勧めします★)

ここでおもちゃのお金でどんなことができるかご紹介します。

@お買いものごっこ
机などをお店のカウンターにみたて、いろんなものを置きます。
フラッシュカードやおもちゃ、お菓子などなんでも良いです。
お子さんの年齢に合わせていろんな表現を使って店員さんとお客さん役で遊んで見て下さい。

<会話例>
店員:Hello! How are you?
客: I'm good.
店員:What do you want?
客: I want a ___. How much?
店員:___ dollars, please.
客: Here you are.(お金渡す)
店員:Thank you. Here you are.(品物渡す)
客: Thank you.
店員:Have a good day!

これはほんの一例です。May I help you? What would you like? Can I have a ___, please.など、年齢やレベルに合わせていろんな表現でできると思います。

A数字づくり
とってもシンプルなゲームですが、少し算数も使います。2人以上で早さ競争もできます。

まず、ママが数を英語で言います。その数字をお子さんが作ります。
例えばtwenty-eightとママがいえば、10ドル札2枚、5ドル1枚、1ドル3枚を出し、I did it!(できた!)と言います。
どんな組み合わせでも数字が合えばOKです。


年齢が高くなると、よりリアルなお札の方が好まれるかもしれません。
↓こんな外国のサイトもありますよ!(本物のアメリカドルみたいです。)
http://www.moneyinstructor.com/play.asp

このサイトにはセントもあります。
1ドルが日本円でどれくらいの価値なのか、アメリカにいったらこんなお金でお買いものするんだと説明してもいいかもしれませんね!

低学年だと、セントとドルがあることや、円とドルの為替相場などはちょっと理解しにくいようなので、ドルで数字をつくるのみでいいと思いますが、高学年にはいろんな勉強になると思います。

これで海外に旅行しても、お子さん一人でお買い物ができますね!

__________________________________________________
posted by sumomomilk at 11:33 | Comment(0) | 英語ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。